売却査定額が高いほど優秀な不動産会社?

2021.07.23

マンション・不動産の売却を検討する場合、貴方は何から始めますか?
ご家族やご親族との間で売却することについて了解をとっておくこと。
売却した後の転居先や売却資金の使い道を決めておくこと。
色々とやっておくことはありますが、やはり大多数の方にとって一番関心があるのは、いくらで売れるのか?という点ですね。
近隣で売り出される物件のチラシなどを参考にして、ご自身でおよそのイメージを持つことは可能ですが、不動産にはそもそも定価がある訳ではないので、個別の特性や条件・時期を反映した適切な金額を知りたいなら、やはり専門家に依頼するべきでしょう。
現在、インターネットを検索すると人工知能(AI)を用いた無料査定のサービスを提供しているサイトも多々ありますので、概算で価格が分かればOKというならこれでも十分です。
ただ、売却する必然性が高く、より精緻な価格を知る必要がある状況なら、不動産会社に査定を申し込んだ方がより確実です。

ところで、不動産会社もたくさんあるので、どこに査定を申し込むべきか決めかねる、という問題があります。
個人的に親しい先があるという場合を除けば、名前を知っている有名大手なら安心かもしれませんし、いくつかの会社から話を聞きたいという方もいらっしゃいます。
また、インターネットには「一括査定サービス」のサイトがいくつもあり、5社前後の不動産会社に査定額を競わせて、一番高いところを選べるという宣伝もよく見かけます。
この一括査定サイトに象徴されるように、できるだけ高く売りたいという消費者の心理を煽って営業する方法は、分野を問わずに広く行われているのが実態ですが、ではマンション・不動産の売却において、
査定価格が高い会社 = 優秀な会社 = 選択するべき
とシンプルに判断して大丈夫なのでしょうか?
結論から申し上げると、この判断基準で売却を依頼する不動産会社を選んでしまうと、ほぼ間違いなく貴方の不動産売却は失敗に向かってしまいます。

「何で?価格が高い方がいいに決まってるじゃないか。」
というお声が聞こえてきそうですが、もちろん、売主様にとって「実際に売れる価格」が高いならその通りです。
ただ、冷静に考えていただきたいのは、不動産会社が出す査定額はあくまで仲介で市場で売る時の「売出し価格の提案」にすぎず、その価格で絶対に売れると保証するものではありません。
ですから不動産会社にしてみれば、売主様の歓心を惹いて良い印象を持ってもらうために、意図的に相場(妥当な価格)を越える査定額を提示することは簡単です。
他社より高い査定額を出す → 売主様から売却のご依頼をいただく → 高すぎて売れない → 値段を下げる → 市場からは売れない物件と認知される・・
このような典型的な失敗に陥らないためには、売主様側も少し賢くなる必要があります。
思ったより高い査定額を提示されて有頂天になる前に、本当にその価格で売れるのか? その不動産会社は信頼できるのか? 一寸立ち止まって検討すると良いでしょう。
もちろん、相場を十分に理解したうえで高額での売却にチャレンジすることは、売主様がそれを承知のうえなら問題ありません。
売却価格を決める権限があるのは売主様だけですので、不動産会社の査定額はあくまで「参考」と捉えて、慎重に判断することが大切です。

今すぐ無料査定・お問合せ