マンションの売却を成功させるためには、パートナーとなる不動産会社選びがもっとも重要です。売却の相談から引き渡しまで気持ちよく終わらせるため、そしてできるだけ高額でスムーズに売却できるためのポイントについてご紹介しています。

マンション売却時の失敗しない不動産会社の選び方!

マンション売却時の失敗しない不動産会社の選び方!

マンションに精通した会社を選ぶ!

マンションと一戸建て住宅には、異なる特徴がいくつもあります。例えば、分譲マンションには「区分所有法」という法律が適用され、管理組合という組織があり、管理規約というすべての区分所有者が守るべきルールが定められています。また、建物の規模や構造がまったく異なるため、堅固で大規模な建築物ならではの特性の把握も必要です。従って、内見対応でも重要事項説明でも、買主様へ的確に物件の説明をするためには知識の裏付けが求められます。このような理由から、スムーズな売却営業やトラブルを未然に防ぐために、分譲マンションに詳しい不動産会社を選ぶのが無難と言えるでしょう。
やまゆりエステートは、中古マンションの売買を専門に扱う不動産会社です。当社代表の桑島は、マンションの管理や運営のコンサルティングができる、マンション関係で最高峰の国家資格「マンション管理士」を所持しています。そして何より、自らがいくつかのマンションに居住して管理組合の活動にも携わってきました。こうした資格と経験の裏付けにより、売主様と買主様のお役に立てる提案やアドバイスができると自負しております。

高額な査定額には要注意!適正価格の会社を見極めよう!

高額な査定額には要注意!適正価格の会社を見極めよう!

仲介でマンションを売却する場合、たくさんの会社に査定を依頼したとしても、市場相場に基づいて適正に査定した価格にはそれほど大きな差異が出ないのが一般的です。ところが、時々突出して高い査定額を提示してくる不動産会社があります。これは、依頼者である売主様の心象を良くして売却の仲介を獲得しようとする営業テクニックにすぎず、これに引っかかってしまうと大きなダメージを被ることになりかねません。査定を依頼した不動産会社が金額の根拠や理由をしっかり説明してくれるかどうかが重要なポイントになります。
仲介売却では、査定で高い価格が出たとしても、その値段で必ず売却できるという保証がある訳ではありません。不動産会社の査定を鵜呑みにして相場よりも不自然に高い価格で売り出しても、売れ残ってしまうリスクが大きいだけです。その結果、いつまで経っても売れずに結局大幅に値引きし、本来よりも安い価格での売却や、さらに低い価格に下げて不動産会社が買い取るケースまで見られます。売却を成功に導くために、適正な査定価格を出してくれる顧客本位の不動産会社を見極めて相談しましょう。

地元をよく知る地域密着の会社に任せる!

地元をよく知る地域密着の会社に任せる!

インターネットの普及により、マンションの購入検討においても不動産情報サイトからご自分で希望物件を探して、ピンポイントで問合せをするというスタイルの方が多数派となっています。しかし、いくらネットの技術が発達しても、一生に数回あるかないかの高額な買い物を、実物を見ずに購入まで決める方はまずいらっしゃいません。そのためマンション売却では、内見など様々なお客様対応が必要になります。
やまゆりエステートでは、売却対象になっているお部屋はもちろん、マンションの共有部分や敷地などもしっかりご案内し、地域密着型の不動産会社として周辺にある利便施設や学校、病院、交通事情などにも回答できるご用意があります。また、年間を通しての環境や夜間の状況、近隣の生活環境や周辺の開発計画など、いい話だけではなく悪い話についてもきちんと説明し、トラブルを未然に防ぐことにも留意しています。
当社では横浜市の地理に精通しており、マンションの立地場所の特性や生活環境を熟知していますので、購入検討者からの信頼を獲得して営業を推進し、売主様のメリットにつなげられるよう精一杯努めております。

より高額でマンション売却するためのポイントとは!

より高額でマンション売却するためのポイントとは!

できる限り高い金額でマンションを売却したいなら、すべてを不動産会社任せにしないで、売主様自身も「自分ごと」として取り組むことが大切です。売主様のお立場でできることを、ぜひ実践してみてください。

居住中の場合のポイント

内見に来た方には第一印象が非常に大きく影響します。居住中の方に覚えておきたいポイントについてご紹介します。

掃除
  • 内見時の印象アップと引越し準備を兼ねて掃除をしましょう。
  • 特に水周りは生活感が非常に強く出ますので、必要ならプロに頼むのも一案です。
  • 眺望をアピールできるお部屋なら、窓の清掃も効果があります。
  • 売却先が決まってからも、引渡しまできれいな状態を維持してください。
片付け
  • 内見がある時は、ゴチャゴチャ感のある雑多なものはなるべく収納してください。大きめの籠などを用意しておくと便利です。
  • 洗濯物や衣類も一時的に収納してください。
  • 人物が写っているお写真はパーソナル感が強過ぎるので隠しておきます。
  • 玄関に出ている靴や傘などは下駄箱に収納してください。
  • バルコニーや玄関前のアルコープにも物をあまり置かないようにします。
照明
  • 内見が始まる前に、お昼の時間帯でもお部屋を最大限に明るく見せるため全灯にします。
  • 玄関を開けた瞬間の第一印象が暗い部屋は、内見のお客さまにその印象が残ってしまいます。
消臭
  • 家の臭いは、住んでいる方には感あまり感じられないものですが、内見でみえた方には強い印象を与えます。
  • どのご家庭にも臭いの発生源が必ずあります。内見前には無香消臭剤での消臭がお勧めです。

空室の場合のポイント

空室の場合のポイント

売却するお部屋が空室の場合は売主様がいらっしゃらないので、不動産会社のスタッフのみで内見に対応するのが一般的です。お引越しの前後には必ず清掃等をしていただき、お客様を迎えるというお気持ちを示してくださると好印象を得ることができます。できたら照明器具は引越し時に取り外さず残しておいてください。また費用はかかりますが、目立つ傷や汚れ、設備等の不具合は修繕しておいた方が内見での印象は格段に良くなります。最近では、新築分譲マンションのモデルルームのように、家具や照明器具などを仮設する「ステージング」というサービスを利用することもできます。色気のない空っぽの部屋よりも華やかさや潤い感を演出でき、買主様にとっては住んだ時の良いイメージが湧きやすくなります。レンタル費用の負担はありますが、売値の向上が期待できるでしょう。
このように、マンションをできるだけ高額で売却したいなら、さまざまなノウハウを活かした対応が効果的です。マンション売却専門のやまゆりエステートまで、お気軽にご相談ください。

マンションの売出価格はどうやって決める?

マンションの売出価格はどうやって決める?

仲介でマンションを売却するときの売出価格は、「市場相場」として認識される類似物件の売買の実例などに基づいて検討します。不動産会社がマンションの査定をご依頼いただくと、この市場相場を踏まえて査定価格を提示しますが、売主様としては査定価格をそのまま売出価格として使わなければならない訳ではなく、ご自身でいくらにするか判断されればよいのです。売主様のご要望を反映して、相場価格より少し高めを狙ってみたり、早急な成約を優先したいなら敢えて安く売り出すことももちろん可能です。
次に、仲介でのマンションの売買は「相対」で行われるため、売主様の「売却希望額」に対し、買主様からは「購入希望額」を示されることになります。少しでも値引いてくれないかと打診する買主様がほとんどですので、売出価格を決めるときには値引き交渉を見込んで若干高めに価格を設定しておくと、売買価格を最終的に決定する際に余裕を持った対応ができるでしょう。しかし、相場を著しく上回る売出価格を付けるとそもそも売れない懸念があるため、適度なさじ加減が必要です。やまゆりエステートでは、最終的な売買価格を最大化するための絶妙な売出価格のご提案も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

PICK UP!リノベーションマンションが人気の理由を考えてみましょう

PICK UP!リノベーションマンションが人気の理由を考えてみましょう

世の中には「リノベーションマンション」という、不動産会社が中古マンションを買い取って、内装をフルリフォームしたうえで販売している物件があります。リノベーションマンションは一定の購入検討客にとても人気があり、内見に行くと好印象を持っていただけることがしばしばです。その理由としては、リノベーションマンションは分類上、中古マンションですが、お部屋の中を新築マンションのモデルルームのようにきれいに仕上げて、購入意欲を掻き立てるような見せ方をしているからです。
中古マンションの引渡しの時の状態は原則として「現状有姿」といい、売主様が荷物を出しただけの状態でOKですが、どうしても売主様の居住中の汚れや傷、それに生活感が至るところに残ってしまい、これらは買主様にとって好ましいものではありません。これに比べてリノベーションマンションは玄関を入った瞬間から明るく美しい内装が施され、前オーナーの使用感は完全に払拭されています。
個人の売主様が莫大な費用をかけてリノベーションしてから売却するというのは現実的ではありませんが、高く売りたいと本気でお考えなら買主様の目線に立った対応を心掛けましょう。室内を美しい状態にして、ご自身としても売るのが惜しいと思えるようなお部屋にしておくと、買主様から間違いなく高い評価を得ることができます。