居住中のマンションを高値で上手く売却する方法

2021.08.14

売却を承る不動産仲介会社を評価する項目として「高く売れた」「早く売れた」という二大基準がよく登場します。
もちろん、不動産会社としてはこの両方の実現を目指して常に全力を尽くしている訳ですが、現実的な問題として、売主様にご協力いただかない限り、不動産会社ではどうにもならないこともあるのが実情です。
特に売主様がまだ居住中の状態で売却する場合は、同じ物件でも成約価格に大きな差が生じてしまうことが起こり得ますので、高くスムーズに売却するためのポイントを解説します。
売却を思い立ったら、自分自身のためにぜひ実践していただければ幸いです。

◆◆居住中物件の売却の特徴◆◆

個人がマンションを売却する時の状態を区分すると、売主様が先に退去して空室の状態で売る場合と、まだ居住中で家具や日用品がそのままの生活感がある状態の場合があります。
どちらの方が売却に有利・不利と言う話ではありませんが、空室の場合は内見に来たお客様が時間をかけて細部までじっくり見ていくのに対して、居住中の場合は売主様への遠慮もあり、短い滞在時間の中でざっと見た限りでの印象やイメージを持って帰る傾向があります。
別の言い方をすれば、空室の場合は引渡されるお部屋がリアルな状態で目前にあるのに対して、居住中の場合は、建物は新しくきれいなのに室内が雑然としているために悪い印象を与えたり、逆に新しいとは言えない物件でもお洒落に装飾されて整然と整理されたお部屋なら好印象を持ってもらえる可能性が高くなります。

◆◆好印象に見せるポイントとは?◆◆

居住中のお部屋を売却する場合は、良くも悪くも、室内の状態や見せ方によって少なからず売買価格に影響があると言えます。
新築マンションを販売するためのモデルルームに行ったことがある方なら分かると思いますが、実はモデルルームには来訪客の購買意欲を掻き立てる仕掛けがいくつもあります。
そのうちの一つは、生活臭やパーソナルな人の気配を完全に消した、素敵な家具や調度品及び照明器具の配置です。
高級ホテルの客室の設えも同様で、多くの一般消費者は、整然としていて美しい、非日常的とも言える住空間への憧れを持っています。
現実的には、私たちの身の回りには個人の色が付いた統一感のない日用品があふれ、そのような物品がないと生活に困る訳ですが、少なくとも、よその家庭のパーソナルな部分を好んで除きたいと思う人は少ないでしょう。
また、物が雑然と置かれて片付いていない空間のデメリットは、その場所が実際より狭く見えてしまうことです。
内見に来るお客様は、印刷物やスマホの画面では分かりにくい、実際のお部屋の明るさや感覚的な広さの確認を特に重視されます。
新しい生活の場を探しているお客様に対して、期待を抱かせるか失望させるかは、お部屋の状況次第と言っても過言ではありません。

◆◆不用品の処分から始めましょう◆◆

では、具体的にはどのように対処すべきでしょうか?
一言で言えば、内見のお客様が来訪する前に室内を掃除して片づけてくださいと言うことになりますが、そんな時間がどこにあるんだ?できるなら言われなくてもやっている!という反応が聞こえてきそうですね。
各ご家庭の事情にもよるかもしれませんが、ご事情はよく分かります。
掃除と聞くと、拒絶反応を示す方もいらっしゃるので、一つ提案させていただきますと、売却=引越しを考え始めたら、不要品を段階的に処分して家の中にある物品を少なくしていくことを推奨いたします。
処分方法は、リサイクルショップに持ち込んでも、一般ごみまたは粗大ごみ(横浜市では要予約)として出しても構いませんが、引越し先で使う予定がない物や壊れているもの、何となく捨てずに取っておいたものは、大小を問わず早めに処分した方が良いでしょう。
これに取り組むメリットは大きく、引越しの直前に不用品の一括処分を業者さんに依頼すると、処分費だけで軽く数十万円を要します。
更に荷物が減るので引越代が安くなり、結果的に整理された好印象のお部屋になるのですから、やらない理由がありません。

◆◆買主様の立場になって考えましょう◆◆

他にも、例えば水回りだけはクリーニング業者に依頼して清掃しておくとか、眺望が売りの住戸ならリビングからの景観を妨げないように窓周りを掃除したり片づけておく、家族の写真は見えない場所にしまうなどの対応も効果的です。
高値で売るための個々のノウハウは他にもいくつもありますが、根本的な心構えのポイントは、そのお部屋の購入を検討している買主様の立場になって考えてみると言うことに尽きます。
残念ながら、中には「売ってやる」という意識で売却に臨む売主様もいらっしゃいますが、仲介会社の立場から申し上げれば、どのような物件であろうがそれで高く売れる訳がありません。
数千万円という高価なものを「買ってもらう」という気持ちがあれば、自分ごととして積極的な行動を取ることは、あまり苦にならないのではないでしょうか。

今すぐ無料査定・お問合せ